有限会社マッチョ

写真・航空機撮影・クルマ・旅行・熱気球…”やりたいこと”を超地道に実行していく進歩の記録

【写真とひとこと】 やりたいこと

有限会社マッチョ けいたです。

 

f:id:Macho-Limited:20160316232041j:plain

自分のやりたいことって、なんだろうか

って、本気で考え始めた1日でした。

これからも考えていこうと思います。

 

けいた

建築の道に進むということ

有限会社マッチョ けいたです。

 

f:id:Macho-Limited:20160315214205j:plain

日本には、多種多様な”建物”があります。

 

自分自身、建築関係ではないのですが

友人・知人に、建築関係の人がたくさんいるので

建築の道に進みたいと思っている人に、少しでもアドバイスはできます。

そして、建築の輪の外から言えることもあります。

 

 

 

正直、建築の世界というのは、めちゃくちゃ厳しいです。

 

建築家になるということは、建物を設計するということです。

つまり、1級建築士になるということです。(設計書には1級建築士のサインが必要)

2級建築士もありますが、建物の規模も制限されますし

普通なら、上級資格である1級を持つまでは建築家への道です。

 

大学の部分からお話しします。

1級建築士になるには、認定された大学の学部・学科で所定のカリキュラムを修めなければなりません。

カリキュラムには、法規や構造、建築計画の他に、実際の設計をやってみるような実践的なものも含まれています。

模型やプレゼンシート(作品を紙1枚で伝えるためのもの)提出も求められます。

それぞれ、たくさんの課題との格闘があります。

 

とある先生が言っていましたが・・・

「建築の学生は、徹夜してなんぼの世界」ということ、平気で言います。

実際、そうだと思います。実際、そうじゃないと終わらないんですから。

設計演習の講評は、建築の学科の先生のみならず、外部から建築士が来て講評する場合もあります。

 

そこで、しっかりと大学4年間の単位を修めたとします。

 

 

次は、就職です。

いや、その前に待ってください。

 

 

大学院どうしますか?という問いかけがあります。

 

1級建築士は、ほとんど大学院卒です。

これは、語弊があるので、もっと詳しく言いますと

「設計事務所で活躍している1級建築士は、ほとんど大学院卒」です。

 

正直、院まで行ってなんぼの世界でしょう。

大学院までがんばるとします。

ここまでで、相当建築にのめりこんでいるはずです。

 

 

やっと、就職です。どこに就職しますか?

 

おそらく、みなさんが思い描いている建築士のフィールドは、設計事務所です。

大きな設計事務所だと、公共施設や大きなビルなどを手掛けます。

小さな個人設計事務所だと、住宅などの規模でしょう。

 

どっちにしろ、設計事務所に就職しましょう。

しかし、1級建築士にはまだほど遠いです。

 

ここでやっと、1級建築士試験の受験資格を載せます。

平成28年一級建築士試験案内 建築技術教育普及センターホームページ

受験するためには、「実務経験」がいるのです。

つまり、就職して経験を積まないと、試験を受けることすらできないのです。

 

そして、合格率は、約12%です。

 

現状として、30代前半の取得で、周りから「おおおー!早い!」と言われるレベル。

大学院卒が24歳(大学現役合格を仮定)だとして、早くても30代前半まで

1級建築士は名乗れないのです。

 

それまでは、2級建築士木造建築士などで、下積みです。

本当に、下積みです。

 

建築って、ものすごく大変な世界なんです。

 

 

では、建築学生が、それでも建築士を志すモチベーションって、なんでしょうか。

それは、「建築が好き」という気持ちです。

それしかないです。

 

建築学生にとって、重要な”ワーク”があります。

それは、「いい建築を実際に見ること」です。

そのために、建築学生は「建築旅行」を組んだりします。

 

あの人が設計した、あの建築を見に行く。

東京に行ったら、あの人が設計したあの体育館に行く。

 

そのような感じです。

 

ディズニーに行こうとか、そういうのじゃないんです。

これって、本当に好きじゃないとできないですよ。

 

正直、この思想は、私自身、かなり気持ちが悪いくらいの考え方でもあります。

 

 

大学で、建築の道に進むということは、ある意味、”覚悟”です。

 

高校生のような若い時分で、この選択をするということは

とても、とても酷なことだと思います。

でも、日本ではそういうことになってるんですよね…。

仕方ないです。

 

けいた

北九州空港開港10周年イベント「滑走路の近くから飛行機を見よう」に参加

有限会社マッチョ けいたです。

 

今年、北九州空港が開港して10年になります。

開港当初は、人がたくさん見物に来て

「人が多いからしばらく行かないでおこうか」とよく話したものです。

展望デッキに足湯があるというユニークさも受けました。

 

海上空港なので、橋を渡っていかなければなりません。

http://www.jsce.or.jp/prize/2005/image/08_4.jpg

この橋ですね。ちょっと私の大学とも関係がありますので、少し愛着があります。

 

 

まあ、そんなことは置いておいて

開港10周年を記念して

事前応募で「滑走路の近くから飛行機を見よう」という企画がありまして

見事当選したので、福岡より、下道で1時間半かけて行きました。(結構頑張った)

 

午前の部、午後の部と分かれていて、私は午前の部。

10時半からスタートしました。

30人ほどのバスに乗り込み、制限区域へ。

f:id:Macho-Limited:20160314215711j:plain

小型機駐機場・ヘリポートから制限区域へ。

バス内には、航空管制官の方や、空港を管理している方などが同乗。

いろいろ説明いただきました。

 

 

途中、スターフライヤーの格納庫も普段見れない角度から見れました。

f:id:Macho-Limited:20160314220408j:plain

f:id:Macho-Limited:20160314220602j:plain

こちらの格納庫は、第7回 北九州都市景観賞を受賞しております。

参考(PDF注意):https://www.starflyer.jp/starflyer/news/2015/news_20151207.pdf

 

 

バスは、ターミナルから滑走路を挟んで反対側(滑走路東側)へ。

f:id:Macho-Limited:20160314220019j:plain

このようなバスでした。

 

 

さて、時間になりました。ついに飛行機が来ます。

スターフライヤー77便 東京(羽田)からの飛行機です。

f:id:Macho-Limited:20160314221233j:plain

きたきたきたー!

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314221324j:plain

格納庫と機体

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314221413j:plain

そして、とても、とても近い!

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314221350j:plain

空港ターミナルと共に。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314221437j:plain

touch downの瞬間

 

 

実際間近で見て、素晴らしい光景でした。

 

f:id:Macho-Limited:20160314221552j:plain

f:id:Macho-Limited:20160314221615j:plain

 

 

空港を管理している方からの説明の中に、面白いものが。

f:id:Macho-Limited:20160314221705j:plain

こちらの堤防と有刺鉄線。滑走路北側のRunway End付近です。

まず、堤防は外部の進入を防ぐために、外側は垂直にしています。

そして、手前の方が高さが低いですよね。

これは、無線設備の干渉防止ということです。

その理由から、有刺鉄線の材質も

無線に影響を及ぼさないもの(手前の白いフェンス)になっているようです。

 

f:id:Macho-Limited:20160314222622j:plain

そして、高波による水害から空港を守るために

堤防を越えてきた水は、こちらの穴から出ていくようになっているようです。

フェンスが高いほうよりも、低いほうの方が、穴の大きさが大きいようです。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314221947j:plain

f:id:Macho-Limited:20160314222015j:plain

誘導灯の橋の長さは800mだそうです。

向こう側に、名門大洋フェリーが沖止めされていますね。

 

f:id:Macho-Limited:20160314222122j:plain

門司港には、もう1隻ありました。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314222202j:plain

車は、駐機場の方へ。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314222245j:plain

f:id:Macho-Limited:20160314222306j:plain

これも、なかなか見れる光景ではないですよね。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314222345j:plain

先ほどの小型機駐機場に戻ってきたので、ツアーは終了。

所要時間は1時間ほどでした。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160314222429j:plain

ツアーが終わって、先ほどの駐機場へ。

 

 

今日は、ここの駐機場内も一般公開されていました。

f:id:Macho-Limited:20160314222522j:plain

ここに、スターフライヤーの機体が1機入るらしいです。

いいですね。

 

 

 

このような感じでした。

 

正直言って、この人の多さは、開港以来だったのではないでしょうか。

とてもいい経験ができました。

当選してよかったです。

 

けいた

機窓特集

有限会社マッチョ けいたです。

 

この記事をご覧になっている方

飛行機の席は、窓側に座りますか?それとも通路側ですか?

通路側なら、トイレに行きやすいし、ちょっと足が楽ですかね。

窓側なら、景色が見れますね。

 

私は、確実に窓側です。

やはり、雲の上の景色が、何よりも大好きです。

巡航(水平飛行)になったとき、たとえ地上が雨や曇りでも

すっきりとした晴れになりますよね。

 

しかも、大都市が見れる方向を選んで座ります。

 

福岡から羽田だと…基本的にはこのような空路をとります。

f:id:Macho-Limited:20160313182148p:plain

大阪・名古屋は、右側ですね。

お分かりの通り、富士山も左側。

 

 

では、帰りの福岡行きは…

f:id:Macho-Limited:20160313182531p:plain

こちらも、富士山は左側となります。

 

なので、福岡から羽田に行くときは、左側以外座ったことありません(笑)

 

過去に撮った機窓を含めて、お見せしたいと思います。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313183750j:plain

本ブログの背景画像です!

夏にスターフライヤーの機内から撮影したもの。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313183949j:plain

”夏の雲”って感じですよね。

そして、空って、青から濃い藍色になるんですね。

その上は、宇宙です。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313184131j:plain

日本有数の急流河川、天竜川(静岡県 浜松市

雲の影になっているところ…あそこって、夏はいったん涼しくなるんですよね。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313184342j:plain

積乱雲の横を抜けていきます。

 

f:id:Macho-Limited:20160313184443j:plain

雲がない時は、地形がよくわかります。

さて、画面中央の半島から出ている島のような場所

どこかわかりますか?

わかった方は、コメント欄にてお答えいただけたらと思います。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313184717j:plain

こういう雲も、好きです。ぷかぷか浮かんでます。

(ネームが邪魔してすいません。無断転載対策のため、ご容赦ください)

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313184842j:plain

一方、夜もこのように大都市の夜景を楽しむことができます。

これは、、おそらく羽田離陸後の神奈川あたりだと思います。

この翼のハートマークで、どこの航空会社か、お分かりの方は多いはず。

 

 

 

次からは、今週のフライト。羽田発福岡行き NH263(ANA Boeing 787-8)より

f:id:Macho-Limited:20160313185018j:plain

搭乗している機体は、気流の関係で4万フィートを巡航中。

なかなかここまで高く巡航することもないのですが

機種によっては、低く巡航せざるを得ない機体もあります。

(空気密度とエンジンの性能など)

 

写真は、低く巡航している飛行機雲(コントレイル:contrail)の様子。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313185834j:plain

f:id:Macho-Limited:20160313185901j:plain

この787-8(JA817A)は

高級車でも有名な、ロールスロイスジェットエンジンを使用しています。

非常に有能なエンジンで、なにより静音性に優れています。巡航時もとても静か。

 

そして、787は主翼が上方にしなっています。

とても格好がいいです。

 

 

 

最後に…

f:id:Macho-Limited:20160313190120j:plain

雲間から姿を見せる富士山の写真でこの記事を締めたいと思います。

 

一度見たら、同じものを2度と見せない機窓の風景。

いつも私は、窓にかじりつくように、楽しんでいます。

 

いつもは、通路側の座席を取る人も、たまには窓側にしてみてはいかがでしょうか。

 

けいた

 

 

参考リンク:ANA「空から見える景色のご案内」

羽田空港にLufthansaの特別塗装機飛来(16.3.10)

有限会社マッチョ けいたです。

 

先日、羽田空港に行ってきました。

行ってきたというか、福岡への帰りに利用しました。

しかし、飛行機の写真を撮るために、ものすごく早めに空港に着きました。

 

そこで、ドイツの航空会社「ルフトハンザ(Lufthansa)」の

特別塗装機が飛来するとの情報を手に入れていました。

残念ながら、着陸したときの姿は見ることができませんでしたが

羽田から、ドイツ/フランクフルト空港へ出発するときの姿はバッチリ押さえました。

 

羽田空港の滑走路です。すべてで、4本。

ジャンボ機は、長い滑走路を必要としますので

必然的にC滑走路(3,000m)への離着陸となる可能性が大きいです。

 

 

予想通り、C滑走路へ。

 

f:id:Macho-Limited:20160313174530j:plain

国際線や第1ターミナル(JAL)からC滑走路34Rへ行くときは、ここを通ります。

下の道路は、首都高速

すごく大きい姿が確認できます。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313174821j:plain

やはり、ジャンボはいいですね。

音もいいです。

 

Fanhansa Siegerflieger と書いてあります。

このFanhansaは、ドイツワールドカップ(2006)の時に初めて登場しました。

ドイツが、ブラジルワールドカップ(2014)で優勝すると

このSieger flieger、日本語で「勝者のフライト」が追加されたようです。

 

この塗装は非常に人気で、今夏の欧州選手権(EURO2016)まで

延長されて運行する予定です。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313174901j:plain

東京ゲートブリッジと共に。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313174943j:plain

最後は、大井ふ頭と、東京スカイツリー

日本からフランクフルトは、所要時間11時間40分

羽田の他にも、成田・関空セントレアからも運行中です。

 

フランクフルトは、ヨーロッパ最大級の空港で、東欧への乗り継ぎにも充実しているようです。

 

とてもいいものが見れました!

 

けいた

【写真とひとこと】 おはな

有限会社マッチョ けいたです。

 

f:id:Macho-Limited:20160312224422j:plain

この季節ですね。これから楽しみです。

 

けいた

【写真とひとこと】 3.11という言葉

有限会社マッチョ けいたです。

 

f:id:Macho-Limited:20160311234432j:plain

3.11のこと、”忘れずに思い出す”だけじゃなくて

”ここまで元気になった”っていう姿もちゃんと見せてほしい。

 

 

 

マスコミに対する個人的なメッセージを、ANA機内からの写真と共に。

 

けいた