有限会社マッチョ

写真・航空機撮影・クルマ・旅行・熱気球…”やりたいこと”を超地道に実行していく進歩の記録

【4アマ合格への道】無線法規 その4

有限会社マッチョ けいたです。

 

過去の記事
 1.無線従事者国家試験への道

 2.【4アマ合格への道】無線法規 その1

 3.【4アマ合格への道】無線法規 その2

 4.【4アマ合格への道】無線法規 その3

 

昨日、「その3」で心が折れました。

丸暗記って苦手なんですよね。なんとかやっていきたいと思います。

 

今日は、4アマで取り扱う周波数帯や、無線従事者免許に関する部分です。

 

キーポイント

■4アマで扱える周波数範囲は8MHz~21MHz

  =8から21

 

■4アマで操作できる空中線電力

 ~8MHz+21MHz~30MHz ⇒ 10W以下

 30MHz~ ⇒ 20W以下

  =丸暗記。21というところ、注意。

  (ただし!モールス符号による通信操作はできない。3アマの範囲)

 

■無線従事者の免許が取り消され、取消しの日から2年を経過しないものは、免許を与えられないことがある。

  =1回取り消されたら2年!

 

■免許証は業務中いつでも携帯する

  =車の運転免許証と同じ

 

■免許証の訂正は、氏名に変更が生じたとき

 

■再交付は、申請書に免許書+写真2枚を添える

  =こんなことまで覚えるのか

 

■無くした免許証を発見 or 免許の取り消し処分を受けたら、10日以内に免許証を返す

 =やらかしたら10日

 

 

例題

 

1 30メガヘルツを超える周波数の電波を操作する無線設備では、第4級アマチュア無線技士が操作を行うことができる最大空中線電力は、次のうちどれか。

 1.10ワット

 2.20ワット

 3.25ワット

 4.50ワット

 

 答えは・・・2です。

 30MHz~は20、逆に~8MHz+21MHz~30MHzは10でした。

 

2 無線従事者は、その業務に従事しているときは、免許証をどのようにしていなければならないか、次のうちから選べ。

 1.携帯する

 2.常置場所に掲げておく

 3.他の書類と共に保管する

 4.主たる送信装置のある場所の見やすい場所に掲げておく

 

 答えは・・・1です。

 車の免許証と同じ、でしたね。

 

3 無線従事者が免許証を失って再交付を受けた後、失った免許証を発見したときは、発見した日からどれほどの期間内にその免許証を返納しなければならないか

 1.7日

 2.10日

 3.14日

 4.1か月

 

 答えは・・・2です。

 やらかしたときは、10日

 

 

 

今日は、いけました。この部分はできそうです。

先に進むのが怖い思いをしながら、明日以降もやっていきます。

 

けいた