有限会社マッチョ

写真・航空機撮影・クルマ・旅行・熱気球…”やりたいこと”を超地道に実行していく進歩の記録

建築の道に進むということ

有限会社マッチョ けいたです。

 

f:id:Macho-Limited:20160315214205j:plain

日本には、多種多様な”建物”があります。

 

自分自身、建築関係ではないのですが

友人・知人に、建築関係の人がたくさんいるので

建築の道に進みたいと思っている人に、少しでもアドバイスはできます。

そして、建築の輪の外から言えることもあります。

 

 

 

正直、建築の世界というのは、めちゃくちゃ厳しいです。

 

建築家になるということは、建物を設計するということです。

つまり、1級建築士になるということです。(設計書には1級建築士のサインが必要)

2級建築士もありますが、建物の規模も制限されますし

普通なら、上級資格である1級を持つまでは建築家への道です。

 

大学の部分からお話しします。

1級建築士になるには、認定された大学の学部・学科で所定のカリキュラムを修めなければなりません。

カリキュラムには、法規や構造、建築計画の他に、実際の設計をやってみるような実践的なものも含まれています。

模型やプレゼンシート(作品を紙1枚で伝えるためのもの)提出も求められます。

それぞれ、たくさんの課題との格闘があります。

 

とある先生が言っていましたが・・・

「建築の学生は、徹夜してなんぼの世界」ということ、平気で言います。

実際、そうだと思います。実際、そうじゃないと終わらないんですから。

設計演習の講評は、建築の学科の先生のみならず、外部から建築士が来て講評する場合もあります。

 

そこで、しっかりと大学4年間の単位を修めたとします。

 

 

次は、就職です。

いや、その前に待ってください。

 

 

大学院どうしますか?という問いかけがあります。

 

1級建築士は、ほとんど大学院卒です。

これは、語弊があるので、もっと詳しく言いますと

「設計事務所で活躍している1級建築士は、ほとんど大学院卒」です。

 

正直、院まで行ってなんぼの世界でしょう。

大学院までがんばるとします。

ここまでで、相当建築にのめりこんでいるはずです。

 

 

やっと、就職です。どこに就職しますか?

 

おそらく、みなさんが思い描いている建築士のフィールドは、設計事務所です。

大きな設計事務所だと、公共施設や大きなビルなどを手掛けます。

小さな個人設計事務所だと、住宅などの規模でしょう。

 

どっちにしろ、設計事務所に就職しましょう。

しかし、1級建築士にはまだほど遠いです。

 

ここでやっと、1級建築士試験の受験資格を載せます。

平成28年一級建築士試験案内 建築技術教育普及センターホームページ

受験するためには、「実務経験」がいるのです。

つまり、就職して経験を積まないと、試験を受けることすらできないのです。

 

そして、合格率は、約12%です。

 

現状として、30代前半の取得で、周りから「おおおー!早い!」と言われるレベル。

大学院卒が24歳(大学現役合格を仮定)だとして、早くても30代前半まで

1級建築士は名乗れないのです。

 

それまでは、2級建築士木造建築士などで、下積みです。

本当に、下積みです。

 

建築って、ものすごく大変な世界なんです。

 

 

では、建築学生が、それでも建築士を志すモチベーションって、なんでしょうか。

それは、「建築が好き」という気持ちです。

それしかないです。

 

建築学生にとって、重要な”ワーク”があります。

それは、「いい建築を実際に見ること」です。

そのために、建築学生は「建築旅行」を組んだりします。

 

あの人が設計した、あの建築を見に行く。

東京に行ったら、あの人が設計したあの体育館に行く。

 

そのような感じです。

 

ディズニーに行こうとか、そういうのじゃないんです。

これって、本当に好きじゃないとできないですよ。

 

正直、この思想は、私自身、かなり気持ちが悪いくらいの考え方でもあります。

 

 

大学で、建築の道に進むということは、ある意味、”覚悟”です。

 

高校生のような若い時分で、この選択をするということは

とても、とても酷なことだと思います。

でも、日本ではそういうことになってるんですよね…。

仕方ないです。

 

けいた