有限会社マッチョ

写真・航空機撮影・クルマ・旅行・熱気球…”やりたいこと”を超地道に実行していく進歩の記録

羽田空港にLufthansaの特別塗装機飛来(16.3.10)

有限会社マッチョ けいたです。

 

先日、羽田空港に行ってきました。

行ってきたというか、福岡への帰りに利用しました。

しかし、飛行機の写真を撮るために、ものすごく早めに空港に着きました。

 

そこで、ドイツの航空会社「ルフトハンザ(Lufthansa)」の

特別塗装機が飛来するとの情報を手に入れていました。

残念ながら、着陸したときの姿は見ることができませんでしたが

羽田から、ドイツ/フランクフルト空港へ出発するときの姿はバッチリ押さえました。

 

羽田空港の滑走路です。すべてで、4本。

ジャンボ機は、長い滑走路を必要としますので

必然的にC滑走路(3,000m)への離着陸となる可能性が大きいです。

 

 

予想通り、C滑走路へ。

 

f:id:Macho-Limited:20160313174530j:plain

国際線や第1ターミナル(JAL)からC滑走路34Rへ行くときは、ここを通ります。

下の道路は、首都高速

すごく大きい姿が確認できます。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313174821j:plain

やはり、ジャンボはいいですね。

音もいいです。

 

Fanhansa Siegerflieger と書いてあります。

このFanhansaは、ドイツワールドカップ(2006)の時に初めて登場しました。

ドイツが、ブラジルワールドカップ(2014)で優勝すると

このSieger flieger、日本語で「勝者のフライト」が追加されたようです。

 

この塗装は非常に人気で、今夏の欧州選手権(EURO2016)まで

延長されて運行する予定です。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313174901j:plain

東京ゲートブリッジと共に。

 

 

f:id:Macho-Limited:20160313174943j:plain

最後は、大井ふ頭と、東京スカイツリー

日本からフランクフルトは、所要時間11時間40分

羽田の他にも、成田・関空セントレアからも運行中です。

 

フランクフルトは、ヨーロッパ最大級の空港で、東欧への乗り継ぎにも充実しているようです。

 

とてもいいものが見れました!

 

けいた