有限会社マッチョ

写真・航空機撮影・クルマ・旅行・熱気球…”やりたいこと”を超地道に実行していく進歩の記録

ミラーレスカメラを買う前に…ちょっと待った!

ミラーレスカメラを買う前に

本当にミラーレスでいいんですか?ということを

この記事を読んで自問自答してほしいです。

最近人気が上昇し、いいところもあれば、悪いところもあります。

それを受け入れた上で、購入を決断しないと・・・

「やっぱり一眼レフの方がよかった・・・!」となってしまいます。

 

ミラーレスカメラと一眼レフとの違いを軸にしてお話しようと思います。

 

ミラーレス vs 一眼レフ 構造的な違い

まず、ミラーレスカメラとは、Mirror(鏡)Less(ない)カメラのことであります。

一眼レフカメラは、一眼のレフ(reflection=反射)カメラということです。

どちらも、鏡や反射という言葉が入っています。

 

これは、光の反射に関して、鏡や反射という言葉を使っています。

カメラの構造を見てみましょう。

 

【一眼レフカメラの構造】

f:id:Macho-Limited:20160223132155p:plain

 

カメラのファインダーを見る時は、(a)フレーミング時です。

レンズを通ってくる光(図中の赤い線)は、リフレックスミラーで光を反射

ペンタプリズムを通って、ファインダーを通ります。

そして、シャッターを押すと同時にミラーが上がり、シャッターも上がり

センサーに光が届いて、画像が生まれるわけです。

 

つまり、ファインダーを覗いて見るものは、本物の光(=実像)です。

本物の光とは、電子的な操作(画像処理)を加えていないものであります。

これを、光学ファインダーと呼びます。

 

【ミラーレスの構造】

f:id:Macho-Limited:20160223143436p:plain

ミラーレスは、本物の光(赤い光)が

一直線に、シャッター・センサーに達していることがわかります。

ミラーもペンタプリズムもなく、ファインダーも見当たらないです。

 

 

構造の違いからわかるように

ミラーを設置できないので、ミラーレスといいます。

 

近年登場しているミラーレスに見られる、「ファインダー」はなんでしょうか。

それは、電子ファインダー(EVFです。

本物の光を処理して、ファインダー内に表示しているため

電子ファインダーで見ているもの=液晶画面 ということになります。

 

ミラーレスカメラの中でも、ファインダーがないモデルはあります。

それは、液晶画面に表示されているはずです。

いずれにしろ、ミラーレスカメラで本物の光を見ることはできません。

 

補足

中には、本物の光を見れるものはあります。

しかし、それは、実際のレンズを通る光とは違う場所に取り付けられたファインダーで見るため

視差が生じます。

正確に言うなら、ミラーレスは視差のない本物の光を見ることはできない、ということになります。

 

次に

電子ファインダー(EVF)や液晶画面で見るものは、どういう特徴があるのか

探りたいと思います。

 

メリット・デメリット

 

光学ファインダー(一眼レフカメラ)は、本物の光を見ることができるため

光の速度(光速)で目に届きます(当たり前の話ですが・・・)。

撮りたい物の瞬間的な変化が、光速で目に届くのです。

 

ミラーレスは、いったん電子的な処理を加えているため

実際の現象と時間差が生じます。

静止しているといいのですが、被写体が動く場合は、この時間差が致命傷です。

 

端的に、メリット・デメリットをまとめようと思います。

 

 

【一眼レフ(光学ファインダー)】

 メリット

  被写体の動きに強い (光速で目に届くため)

  カメラらしい (やっぱり、ファインダー覗いてこそのカメラ…!)

 

 デメリット

  内部にミラーやペンタプリズムを設置しているため、カメラ自体が大きい

 

 

【ミラーレス(電子ファインダー)】

 メリット

  高速連写可能 (ミラー自体がなく、シャッターの動きだけ)

  カメラ自体が小さい

 

 デメリット

  被写体の動きに弱い (電子ファインダーはタイムラグやカクカクがある)

  

 

 

被写体別のおすすめ

それでは、何を撮るかによって、どちらを選ぶか決めます。

 

 静物の場合 ⇒ ミラーレス

  風景や、記念写真などの人物撮影は、ミラーレスで十分だと思います。

  カメラ自体は小さく済みますし、旅行に最適です。

 

 動的な被写体の場合 ⇒ 一眼レフ

  スポーツや鉄道・飛行機など、動きがある被写体の時は

  光学ファインダーがある一眼レフです。

  

 

まとめ

 

贅沢なのは、どちらとも持つことですが、なかなか、難しいですよね。

しかし、主にどんなものを撮るかは、大体わかると思います。

動的な被写体を撮ることもある場合、「大は小を兼ねる」として

一眼レフを購入することをお勧めします。

一眼レフに不満はあっても、それは大きさなどの問題だと思うので

撮れる写真には問題はないですからね。

 

このように、構造を知っておいて

それぞれの得意・不得意分野を知っておくことで

それ以降のカメラ選びがしやすくなると思います。

 

けいた